興信所から探偵事務所に変更するのはなぜ?

今まで興信所として名乗っていたけれども、ある日いきなり探偵事務所と名称が変更している場合がとても多いです。
興信所と探偵事務所は調査内容自体が若干違いますが、同じ調査会社というくくりになっているので特に問題ありません。
ではなぜ興信所から探偵事務所と名前を変えてしまうのでしょうか?

興信所の基本としている調査は、結婚相手の身辺調査など、その人がどのような人のかなどを調べる調査が中心です。
それに比べて探偵事務所は、浮気調査や人探しなどが業務の中心です。

実際に依頼する人の多くは、身辺調査というよりも浮気調査などを求めているので、興信所ではなかなか仕事が来てくれません。
そのため浮気調査もしている、と思ってもらうためにも探偵事務所と名前を変える場合が多いのです。

そして一般的な知名度にも問題があり、探偵という単語そのものはかなり知られているのですが、興信所というものはあまり知られていません。
知名度がないと興信所という会社は、どのようなことをしているのかさえわかってもらえないので、依頼がなかなか来ないのです。
ですから、知名度があり、そして依頼が多い探偵事務所という名称に変更している興信所が多くなっています。

興信所と言っても浮気調査をしないわけではありません。実際には、探偵と興信所には違いがないのだと思ってください。

Copyright(c) 2015 興信所の費用で泣く前に All Rights Reserved.