興信所の費用で失敗したくない人

興信所に浮気調査などの依頼をすると、少なくない金額の費用を支払うことになります。

この費用を調べてみると、およそ50万円ぐらいの金額が発生するようです。

50万円といえば、大金です。

そのため、依頼する興信所選びにも、慎重になります。
興信所に依頼をする多くの人が、出来るだけ費用がかからないよう、料金が安い興信所を探すと思います。

しかし、この料金が安いだけの興信所には、いくつかの問題があるようです。
たとえば、「料金が安くても、調査がデタラメだった」、「調査のスケジュールを依頼する人が決めることができない」などの不都合があるようです。

この例を見ると、興信所の費用が安いというのも、メリットではありますが、費用が安い場合のデメリットについても調べておく必要があると感じます。
興信所へ依頼すると、その多くが費用に関する問題です。

そもそも調査にかかる費用が予算よりも大きければ依頼そのものができないため、お金に関して注意するのは当然のことです。

そこで、この興信所の費用で注意すべき点をいくつかまとめてみました。

  • 調査にかかる費用の総額
  • 他の興信所との費用の差
  • 支払方法、支払のタイミング

大まかに分かると、興信所の費用で注意すべきはこの3つではないでしょうか。
調査にかかる費用の総額は、興信所ごとに違い、安いところもあれば、高いところもあります。
また、その費用の安い高いを判断するためには、興信所の費用ごとに比較する必要があります。

そして、調査をしてもらう興信所へ費用を支払う時の注意として、支払方法とタイミングは、先払いか後払い、それとも一時保障なのか、分割か、などの違いがあります。
興信所に調査の依頼をするときには、これら興信所の費用を事前によく調べておく必要があると思います。

また、興信所へ依頼すると、費用以外でも注意すべき点がいくつかあります。
その中で、最も注意してもらいたいのは、悪質な探偵業者を見分けることです。
悪質と一口に言っても、すべての探偵業者が悪質というわけではなく、一部の探偵業を騙っている者が、依頼してきた人から金銭を騙し取るといったものです。

最近ですと、債権回収や過払い金の返金などの手続きを行っているという自称探偵業者による被害が、消費者センターなどで報告されているのを目にしました。

実際こうした、自称探偵業者は存在するそうで、こうした業者に間違って依頼してしまわないようにするためにも、興信所のことをもっとよく知っておく必要があると思います。
このサイトでは、興信所の費用のことから、興信所選びで役立つ情報を紹介していきます。

適正な調査とは

興信所を依頼すると、必ず調査契約を行います。調査契約では、調査を何時間でいくらの金額で調査を行うといった内容のことが明記され、その契約に従って興信所は調査を行います。

この調査契約をする前、依頼する興信所が適正な調査を行っているのかを調べることは大切なことです。

適正な調査とは、「この調査ならこれだけの金額で調査時間はこれぐらい」といった調査にかかる時間や料金が逸脱したものでないことをいいます。

しかし、興信所に調査を依頼する方は、この適正な調査についてはじめから知っている人は少なく、興信所から提示された契約内容をそのまま鵜呑みにして調査を依頼する人も少なくありません。

適正な調査を行っているかどうかチェックするには、興信所の調査についてより詳しく知る必要があります。

たとえば、浮気調査を例にしてみましょう。

  • 調査対象者の行動がある程度予想できる。
  • 浮気相手が特定できている。
  • 浮気相手と会う日が決まっている。
  • 移動手段は徒歩、車、電車などのどれか。
  • etc...

このように浮気調査を行う前に、調査に関わる条件を興信所に伝えることで、適正な時間、料金での浮気調査が可能となります。

逆にまったく情報が無い状態で調査を行うとなると、調査にかかる時間は長くなり、料金も高くなります。

興信所で調査契約をする場合は、なるべく多くの情報を伝え、調査内容をより正確に決める必要があります。
また、調査員の人数についても、必ず適正な人数というものがあります。調査員の人数にも注意するようにしてください。

そして、見積もりとして提示された料金は、必ず他の探偵事務所や興信所の料金と比較を行い、可能であるなら、契約をする前に、契約書の内容がわかる見本をもらい、契約書家に持ち帰り契約内容をじっくりと確認することをおすすめします。

Copyright(c) 2015 興信所の費用で泣く前に All Rights Reserved.